So-net無料ブログ作成

【バイアスを読み切れば競馬で勝てる】Cross Bias Analyser 株式会社ALIVE [Cross Bias Analyser]

【バイアスを読み切れば競馬で勝てる】Cross Bias Analyser





下記のサイトで購入すると最大9200円還元されます!
【バイアスを読み切れば競馬で勝てる】Cross Bias Analyser





競走馬には、それぞれ得意な条件、苦手な条件があります。
「ウオッカは東京の芝でベストパフォーマンスを見せる」「バランスオブゲームは休み明け走るがG2まで」「ショウワモダンは重馬場が得意」等ですね。
能力がこれらの適性を上回ることも当然ありますが、的確に穴を狙う為には馬の適性を理解し、凡走の裏に隠されている潜在的な実力を知る事が大切です。
馬単体の適性を見極める為には、血統や走り等からある程度判断する事が可能です。
しかし、手っ取り早いのは実在する馬の分析を参照し、過去のレースから適性判断方法を身に付ける事です。
その際の参考とする為に適性分析の実戦編として「オープン馬の分析」を行いました。
この「オープン馬の分析」では、合計563頭の馬の適性について分析し、特徴を記述しています。
種牡馬の特性分析馬単体の適性方法としては、主に過去の成績と血統の2つの観点から分析した方が良いです。
この内、特にキャリアが少ない馬については、血統からその馬の適性を推測する比率が高まります。
その方法として、種牡馬を見るというのはオーソドックスながら有効な方法です。
この章では、種牡馬の特徴をいかにして血統を馬券に繋げるかを解説しています。
種牡馬の特性分析では、説明の為に以下の2つを使用します。
1)主要種牡馬の特性分析
2)コース別注目血統
「(1)主要種牡馬の特性分析」では、2010年時点で産駒が多く走っている種牡馬76頭、母父2頭について、1頭ずつの詳細な傾向を分析しています。
「(2)コース別注目血統」は、「(1)主要種牡馬の特性分析」で分析した傾向をより予想で使い易い形にする為に、コース別に纏め、それに微調整を加えたものです。
短縮や延長、枠の得意不得意まではカバー出来ませんが、得意なコースについては一目で判別出来ます。
馬場状況の読み方予想をする際に、馬場の現状を確認する事は非常に大切です。
例え、馬の適性や臨戦が激走タイミングであったとしても、合わない馬場状況によって打ち消されるような事は毎週のように起こっていますから。
この章では、馬場状態のバイアス(偏り)の判断方法から、コース別や馬場状況別にどのようなバイアスになり易いのかの基本について説明しています。







【バイアスを読み切れば競馬で勝てる】Cross Bias Analyserボルトアクション馬券術ダブルウェポン ~今日からプロ馬券師【step馬券術】ある2文字を1分見るだけで勝てる競馬法507戦、的中率43.6%、回収率225.6%の実績 ■アナライジングホース■■日刊コンピで一撃★競馬ソフト『お宝の法則』パフォーマンスホースオッズ分析ソフトMONSTER.ver5

共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。